top of page

230306/ある神父の希望と絶望の7日間-2日目

そこから始まる神父の「7日間」。映画が描くのは、どちらかというと、絶望はいくらでも転がっているけれど、希望は見つけようとしなければ見出すことが難しく、また、神父が人々から尊敬され、慕われているとも言い難く、さらに、キリスト教が、信仰が、すでに力を失っていることを表すようなシーンがほとんど。

Opmerkingen


bottom of page